身近な人がうつ病になってしまったなら|接し方を考えてみよう

正しい知識を持つ事が大切

男の人

身近な人がうつ病を発症してしまうと、つい頑張れと励ましてしまいがちです。しかし、その事がプレッシャーになってしまう事もある為、注意が必要です。うつ病に対する正しい知識を持つ事で症状改善の手助けににもなる為、是非きちんと接し方を覚えましょう。

もっと読む

病気の理解を深めよう

女性

改善するためには

従来のうつ病とはまた異なり、新型うつ病の家族や近親者は、時としてどのような接し方をしたらいいものか、複雑な気持ちに襲われることが多いです。体調を崩して辛そうな姿を見ていると力になってあげたいという気持ちになるものの、本人の言動を見ているとわがままを言っているだけのようにも見ています。加えて、社会を甘く見ているのではとしばしば考えてしまうこともあります。そこが、従来のうつ病とは異なる周囲の接し方の悩みです。従来のうつ病であれば、患者の近親者は、疲弊しきっている本人を見て、何とかこの人の力になってあげようと献身的になります。しかし、新型うつ病の場合は、こんなお守はもうやってられないと感じてしまうことも多いので注意が必要です。それくらい乗り越えなくては社会では通用しない、自分の生き方にもっと責任を持つようにと責め立てるのはよくありません。本人の根本的な姿勢を正す言葉をついつい掛けたくなるものですが、こうした精神論を強調するような接し方をしても本人の考えを変えることはできません。むしろ、自分を否定されてしまったと反発して、ますます症状が悪化してしまうこともあるので注意が必要です。この状態になると治療に貢献することはほとんどありません。ましてや仮病ではないかと疑うような態度は言語道断です。精神的には未熟でも、すでに社会に出ている成人が新型うつ病である場合、出社できないと言っているのを強制的に職場に連行することはできません。本人がどうしたら再度労働環境に戻ることができるのか、それを考えながら少しずつ進んでいくことが大事です。そのためには、まずはありのままの本人を受け入れることから始めていきます。言いたいことや説教を心して聞ける状態ではないことを理解しなくてはなりません。周囲の人々は、それを肝に銘じた接し方が必要です。もっとも肝心なのは、今の本人を認めてあげること、そして、ほめるという二つの行為です。新型うつ病の人の多くは、ほめられた経験が少ないか、ほめられたことはないと感じて生きています。中には常に文句を言われながら育ってきたと考えている人もいるほどです。その飢餓感を解消してあげることで、本人の気持ちは落ち着いてきます。まずは、できないことを指摘するのではなく、できたことを認めてあげることが重要です。たとえ、30点の出来であったとしても、30点を取ったことをほめてあげるという具合に、まるで幼いころの子育てのようにスタートさせることが大事になります。そのため、本人の話をしっかりと聴き、行動を意識して見守っていくことが重要です。自分勝手や甘えにしか見えない言動もとにかく見守っていくスタンスが非常に大事になります。その上、どんなことでもいいので、評価できることがあったら、できているね、きちんとやれているねと声を掛けてあげることが重要ですその姿勢を続けていくことで、本人は自分のことを見てくれているのだ、わかってもらえているのだという気持ちになります。これがとても大事なことです。この方法は、カウンセラーによる治療でも非常に重要な内容で、本人をきちんと見ている、認めているということが伝わることで、回復に向かいやすくなります。

どの様に選ぶと良いか

レディ

うつ病で病院に通う場合は、評判や交通の便、通いやすさ、本人の意思などの条件を見て選ぶ様にします。周りの人の接し方としては焦らせずに見守り、ひつよな時にサポートすると言うのがうつ病の人との接し方の基本です。

もっと読む

精神疾患の原因とケア

カウンセリング

うつ病は、ストレスが原因で様々な症状をもたらしてしまう精神疾患の一つです。身近な人が発症してしまった場合は、必要以上の励ましなどはなるべく避け、焦らないで良い、そのままでも良い、というようなスタンスの接し方を心がけましょう。

もっと読む

To Top